読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嘘に隠された本当は知らなくていい

 

 

私は嘘をつけない

 

いや、咄嗟の嘘ならつけるけど 大切な人につくことができない

 

そのお陰で 今回は酷い目にあった

 

 

 

 

 

 

 

先日私は、大切な人には嘘をつきたくない一心で、嘘をついたことを訂正して謝った

 

すると、まさかの相手も嘘をついていたことを訂正してきた

 

 

とても大きくて、私の比にならないくらいの嘘。

 

 

 

眩暈がした。

 

でも、予想通りと言えば予想通りで そんなに傷つくはずがない、と高を括っていたのに、その後に続くもっと大きな「本当」が胸の奥にズシン、とのしかかった。

 

潰されそうだった

 

 

怖かった

 

 

夢で見たものが現実になってしまった

 

 

再度思い知らされた

 

 

私は誰からも愛されたことのない人だということを。

 

 

私と付き合っていた時も別の人が好きだったことを。

 

彼が私を好きになったことは一度も無かったことを。

 

別の人との間に私の知らない、私を嗤う約束があったことを。

 

私が絶望に拉がれてる時、彼はそれを見て嗤っていることを。

 

 

 

 

そんな時にごめんなんて言われたって それさえも嘘に思える

 

手を繋いだことも、抱擁をしたことも、海へ行ったことも 全部私の妄想だったのかと

 

ずっとずっと 騙されていたのか

 

好きだよ って 嘘?

 

なんで

 

私にバレないようにって、二人で約束したの?

 

バレたらうるさいからねって?

 

いいなぁ、愛されてて

 

私 彼との秘密なんてなかったよ

 

いいなぁ、私彼からデートなんて誘われたことなかった

 

だって一方的だったんだもん。

 

彼、あの子のために今一生懸命、自己嫌悪に陥ってるみたい

 

私にはそんな素振りすら見せてくれなかったのに

 

悲しいね

 

 

彼、私の好意を見て嘲笑ってたんだって。自分の好きな女の子以外の好意は応えられないのに、無駄な努力してる女の子見て嘲笑ってたんだって。

 

 

悲しいね

 

 

 

 

私は嘘を訂正した後 もう一度嘘をついた

 

 

前に進みたいからって

 

嘘じゃないけど、嘘

 

見栄を張った。

 

 

愛されたい

 

親にも愛されない

 

愛されたいならまず他人を愛さないと?

 

愛しても愛しても愛しても愛しても愛しても愛しても愛しても、

 

愛が返ってきたことなんてない

 

全て成就しないか 他の女の子の代わり

 

一番になりたい 愛されたい

 

私も誰かの 大切な存在になりたい

 

穴を埋めたい 苦しい  寂しい 寂しい 寂しい

 

愛して欲しい愛して欲しい

 

喉から手が出るほど欲しい 

 

他人の温もりが欲しい

 

寒い 心が冷たい

 

 

愛して欲しい

愛されたい

受け止めてほしい

 

 

嘘の好きだよ、はもう要らない

 

心からの 好きだよ を聞いてみたい

 

言われてみたい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

春を切り売りする

 

好きな人に間接的に振られてしまった

 

頼んでもいないのに告白され、勝手に振られていた

 

その子は悪気があった訳では無いだろうが、お節介の塊だと思う あと、自分が幸せならそれでいいのだろう。その子には彼氏がいる。惚気のようなLINEが平均毎日のように送られてくる。

 

(悪気100%に思えてきた)

 

私はその子にとても怒ったし、好きな人には友達でいてほしい旨を伝えた 少し恥ずかしかった

 

とても居心地の良い関係で 正直私はその人しか頼れない。同性の友達なんかよりずっと本音で話せるし大切な存在だと思っていたから

 

彼女になりたいなんて 思っていなかった

 

なのに あの子1人のおかげで私の居場所はなくなってしまった

少しギクシャクとした関係が依然として続いている

 

やりきれなくなった

 

私を苦しめて何がしたいんだ とお節介の塊への怒りが鎮まらなかった 信用していた友達なだけに、その怒りは大きかった 

 

「ももちゃん(私)には他に好きな人を見つけてもらいます!笑」と相手にLINEしてあった

 

そうじゃない

 

なんでお前にそんなこと言われなくちゃいけないのか まるで恋愛はし続けなければいけないキマリのようじゃないか 

 

色々やり切れなくなった私は 援交をすることに決めた

 

無くなった居場所を埋める何かが欲しかった、が理由だったと思う あと周りはみんな「初体験」を済ましていくのに少し焦りを感じていた

 

でも、私はまだ少しのプライドと恐怖心を持ち合わせていたので 本番 はしないことを相手の了承を得ていた

 

だがしかし、前日の夜中、「果たして援交で済ませた初体験は口外出来たものだろうか」とハッ、とふと思いついた

 

その1人会議は当日の朝6時まで続き、結果、断ることにした

 

私はこの判断が間違っていたとも正しかったとも思わない。だって相手の予定も考えずに突然拒否ったのだから

 

でも、口外できない事実を作るよりはましだと思った

無くなった居場所を埋めるためなんて、きっとすぐに虚しくなるに違いないし。

 

ちゃんと 心から好きな人 に許すから行為は成立するのであって、好きでも何も無い人とすることはただの動物でしかないと思った

 

私はそこで初めて理解した

 

愛が欲しかった。他人から注がれる愛、肯定してくれる、私を受け止めてくれる。

 

愛して欲しければまず自分から愛せ、なんて言うけどあれは嘘だと思う

 

今まで愛を注いで返ってきたことなんて無かった。付き合うことが出来ても、私のことなんて好きじゃなかった。他の子が好きだけどこの子でいいか、の埋め合わせにしかなれなかった

いつだって一番になれなかった

 

誰かの一番になりたい。私の一番の願い。

 

 

 

 

 

共依存というのは一番最低な関係性である。

 

私には依存している人がいる。

恋人でも友達でもない、どうしようもない関係性にある人だ

 

私が在るためにはその人が必要で、その人が在るためには私が必要だと思っていた。というより"共依存"という名前をこの関係に名付けたのはその人だから、きっと両者共意見はそう食い違ってはいなかった

 

お互いに暇な時に明け方まで電話をしたり、遊びに行ったりと仲のいい友人以上のことをしていたから 当たり前かもしれない。

 

元々、この関係に堕ちる前には私達の仲は良くなかった。恋人同士であったにもかかわらず、仲は悪くて喧嘩も絶えなかったので早めに縁を切っていた。

もう絶対に関わらない。そう決めていたのに。

お互い闇が深いもの同士周りには敵が多かったから、別れて一年も経たないうちに連絡を取り合っていた。

その間にお互い別の温もりを探したりもしたが、どうも "あの人"以上に自身を理解してくれる人がいなかったのだ。

 

そんなどうしようもない関係につい最近、終止符を打つか打たないかを打診されているような出来事が起こった

 

相手に、充分な愛や肯定を捧げてもらえる"私以上の人"が見つかったのだ。

 

私は相手の幸せを喜ぶべきだし、こんな関係なんて早く切ってしまうほうが良いに違いないと頭では理解していたが心がついていかなかった。

 

私はどうなってしまうのだろうか、私に優しくしてくれる人なんぞこの先にいるのだろうか。つい自己中心的な自分が主張してしまうのだ。

 

きっと私が決断を下さずとも、この関係は終わってしまうだろうとも思えるがそうはいかないのだろう。

 

相手に幸せが訪れたのだから、私はやっと幸せになれる権利を掴んだのだろうか。そう考える時点でもう危ないのだ

 

少なくとも、私は今現在あの人に依存しているのは確かで関係を終えるかどうかの〆切りだけが迫っているのだけは確かだ。

 

私はどうしたらいいのだろう、また今日も眠れない夜を越えるのか。その〆切に追われながら震えて布団に潜るのだ。